家庭菜園のすすめ

夏も本番!熱くなってきましたね。

洗濯ものがカラッと乾くのはとても気持ちがいいですが、

一軒家に住む人は家の周りに土あらば草と葛藤。

(夏草は成長スピードが速いのでこまめに抜かないとあれよあれよとすごい事になります)

 

そこで家庭菜園のすすめ。

単なる草むしりではやる気がでませんが、そこが家庭菜園であれば話は別です。

ちゃんと野菜以外の草を取ってやれば、おいしい野菜が食べられると思えばやる気もでるもの。

 

でも家庭菜園ってむずかしんでしょ。ちっちゃいものしかできなかったり、すぐかれちゃったり。

いいえ、そんなことはありません。

プランターでも

2m程度の花壇でも十分に食べられる野菜は作れます。

 

今回私がつくったのはミニトマトやなすび、きゅうりにゴーヤ。

失敗した苗のところにはネギ植えて(笑)……

 

 

で、苗からの出発ですが、プランターでもこんなに大きくなりました。

奥のものが育てたキュウリ、手前のがスーパーで買ってきたきゅうりです。

 

夏の草はぐんぐん伸びて嫌気がさしますが、野菜がぐんぐんのびるのはうれしいもの。

まずは去年雑草が伸びたところにプランターをどんと置いて下さい。

 

雑草がぐんぐん成長する場所ならきっと日当たりも良いのでしょう。

最初に牛糞と腐葉土を土に混ぜ込んでふかふかさせて下さい。

プランターなら時々浮かせてダンゴ虫がいないかチェックです。

 

この2点に気を付けてあなただけのおいしい庭をつくってみて下さい。

 

以上、神戸と明石の設計事務所スペースプロがお伝えしました。