明石朝霧「ピアノリビングとシーサイドテラスのある二世帯住宅」

外観: いいお天気に白い外壁が青空に映えます左側が北西方向になるので、1:0.6の北側斜線勾配規制がそのまま、外観上のボリュームになっています。
階段: お隣の緑が適度に窓のアクセントになって、平面図で描くと狭いのですが、実際に見上げると、いいバランスの抜けがあって、拡がりを感じ空間になってます。そして階段を上って振り返ると・・・ 「海!」
階段を登り切ったところは北側斜線の影響で天井高さが2mちょうどぐらいしかないのですが、「移動、通行空間」って「進行方向」に視線と意識が行くので、その場そのものの圧迫感は感じません。夜になると明石海峡大橋のライトアップされた姿がきれいに見えてその下を灯りを灯した大小の船が西へ東へ通り抜けて行くさまが美しいシーンを作っていることでしょう
 
敷地面積34坪 床面積1,2階の合計で34坪の二世帯住宅
キッチンとお風呂、玄関が共用で「完全二世帯」ではありませんが、いろいろな施主ニーズと所要室要件をビッシリと詰め込みながらも「すごくゆったりした」お家となりました。
 
事務所のテーマである「面積の数値を超えた空間の実現」でのいい作品となりました
施主O様、に改めて感謝申し上げます。