加古川野口「二階リビングめっちゃ広ろ~~!」の家J様邸地鎮祭

1月ラストの大安の土曜日
加古川市野口で昨年夏から設計をすすめてきましたJ様邸の地鎮祭でした
201522104917.jpg
 
              地鎮祭の準備をする野口神社の神主さま
      
              この「いよいよ~感」何度味わっても、いいですね~~
 
このお家の特徴は、何と言っても広々二階LDK
周囲に二階建の住宅がすでに建っているような場所では、一階にLDKをつくると、なかなかお日様が入ってこない。
だから、大きな吹き抜けを作る・・・ということで、採光と拡がりを得るという解決策もありますが、
 
今回のJ様邸は二階にLDKをつくって
トイレとか壁ができるものは、極力1階に集約して
二階LDKの開放感と拡がりを最大に得られるように構成したお家です
201522105031.jpg
 
            模型でつくるとこんな感じ~~
            約24畳のLDK空間、天井高さも3mあって、空間的な広がりMAXです
 
これまで、周囲の状況から「二階にLDKにしたほうがいいですよ」とお薦めしても
「そりゃ~不便」とか「生ゴミの汁が階段に落ちたら・・と思うとゾッとする」とか、奥様の御意見で二階にLDKをもっていけないケースが何度もありました。
 
今回のJ様邸は、そういう心配を持つ奥様に
「ほら~、二階リビングはメッチャ広くて気持ちええでしょ~~奥さん!」
と言える代表作になって欲しくて、気合いを入れております!
「二階リビングはメッチャ広くてええでしょ~~奥さん!」がコンセプトのこのお家
工事施工の日置建設さんとも、これまで何軒かお仕事をいい感じ~~で仕上げてくれた日置さんとこの田中監督とも、
「こりゃ~いい!」と自慢できるお家になるよう頑張っていきます!
 
というお話を
明石海岸と神戸元町の設計事務所「スペースプロ」から御伝えしました
 
PS 「スペースプロ 一級建築士事務所」は小規模な個人住宅の設計からお仕事を始めた設計事務所、最近、企業さんの大きな仕事もありますが、原点は「個人住宅」。
 
 
  日々のお家での暮らしの快適さの追求に、気合いを入れております!
  
  東京はビジネスタウンで成功すりゃいいけど、関西はライフをトータルで豊かにする街と家であって欲しい
この一軒の住宅に「これまでより、もう一歩進んだ気持ち良さ!」に頑張ってます!