• ホーム
  • コンセプト
  • 実績紹介
  • ご依頼からの流れ
  • 3つの特徴
  • お客様の声
  • 会社案内
  • お問い合わせ

2015年7月

愛媛木テナー、明石への移築工事がスタートしました

昨日12日の日曜日は明石市大久保町西島1167で木てなー事務所の移築工事がスタート
 
土工事のためのユンボがセットされて、いよいよ着工です
201571592140.jpg
 
     自分の事務所「スペースプロ明石第二事務所」を施主自己施工のかたちで工事します
     (自分が設計で自己施工なんで、看板も簡略にしております・・・)
 
     で、まさか自分では工事できないので
     基礎設置、足場、外構、外階段工事を 日置建設さん
     本体設置工事、屋根、防水工事を   建築工房たかとりさん
     設備工事を                 新住設さん
                         の3社に発注、工事をしてもらいます
 愛媛県の林産振興補助金を受けたこのプロジェクト、企画としてはもう3年前に日本政策金融の融資が決定し、すぐにでもスタートさせなければならなかったのですが、年月が流れてしまいました。
 
クレーンでの吊り込み作業
20157159228.jpg
           mm単位で高さをあわせる必要があるので、作業は難航しました
 
その日の午後6時
201571592237.jpg
                  6台の基礎のセッティングが完了しました
 
7月20日月曜日からの本体設置までの間に、設備の埋設配管工事などを施工します
このプロジェクトは、東南海地震に向けた災害応急仮設住宅提案も兼ねていますので、工期短縮も大事。
実工期、5日以内が目標ですので、レベルあわせに大変難しい作業をしてもらったのですが、基礎設置が1日で完了し、先ずは「目標のスピード」でスタートできました。
 
というお話を
明石海岸と神戸元町の設計事務所「スペースプロ」から御伝えしました

 

サルバスビル「つるぞう君」働いてますぜ!鉄骨工事

神戸市長田区の神戸医療生協病院管理棟「サルバスビル」は鉄骨建て方工事中
20157613295.jpg
 
            先日ご紹介しました、カニクレーンの「つるぞう君」が働いてます
 
このクレーン、リースではなく工事施工の湊建設工業㈱さんが自社で今回の工事を期に購入されました。
国内では8台だけあるそうです
 
このクレーンを製造している会社によると、販売先はほとんどがヨーロッパ
狭い石畳みの道の奥にある文化財としての古い教会などの建造物の修理には欠かせないアイテムとして定着しているそうですよ。
ヨーロッパの歴史的建造物の保存にも、日本の技術が・・・凄いです!
 
今後、神戸の兵庫、長田、須磨、垂水の狭小道路地域、傾斜地で道路上(下)に敷地がある建て物の建設工事に活躍の場かありそうです。
 
これから立地条件の厳しい場所で、新築、改築できないとあきらめられたが為に、放置されている空家などの、解決に結びつきそうで大いに期待できる建設機械カニクレーン
土地有効活用提案を業務とする、我がスペースプロコンサルティングでも、その可能性を売り込んで行かねば!
 
もちろん、設計のお話にすすめば「スペースプロ一級建築士事務所」で
 
この「つるそう君」の動きを眺めながら、次なる「やるべきこと」が見えてきました!
 
というお話を
明石海岸と神戸元町の設計事務所「スペースプロ」から御伝えしました